ゲーム実況のやり方

YouTube Liveでゲーム配信するやり方!わかりやすく解説

YouTube Liveでゲーム配信をするやり方

YouTubeは動画のイメージが強いかもしれませんが、ライブ配信も並行して行っている方は多くいます。

ライブ配信は視聴者とのコミニケーションが取りやすくなるため、動画とは違った魅力や楽しみ方があります。

ゲームジャンルにおいても普段動画でゲーム実況行っている方がライブ配信を行うことで、ファンとの距離感をさらに近づけることができます。

本記事では、YouTube Liveのゲーム配信方法など基本的なやり方から収益化について紹介していきます。

この記事の著者

おにもつ

ゲーム実況歴10年。YouTubeの総再生回数は100万回ぐらい。ゲーム実況に関するコンテンツやおすすめのサービス・商品を紹介しています。

プロフィール詳細

YouTube Liveで配信できるデバイス

YouTubeライブでゲーム配信を行う場合は基本的にはPCかPS4、PS5でおこないましょう。

一般的にはPCを使ったゲーム配信を行う方法がほとんどなので、特別なこだわりがない限りはPCで配信する環境を整えることをおすすめします。

PCでゲーム配信をする

先述の通りPCを使ってゲーム配信をしている方がほとんどです。その理由としては下記のようなメリットがあるからです。

  • あらゆるゲーム機器に対応している
  • 自由度の高い配信環境が作れる

特定のゲームタイトルのみ専門で行う方もいますが、それなりに長く配信を行っていくと様々なゲーム機種で配信がしたくなる場合があると思います。

仮にいまはPS4のゲームタイトルのみ配信を考えていたとしても、将来的にはNintendo SwitchやPCゲーム、スマホゲームなどの配信をしたくなるかもしれません。

そういった場合に備えてと言う意味でもPCを使ったゲーム配信を想定しておくのをおすすめします。

PCで配信する場合は、ノートパソコンでも可能ではあるのですができればゲーミングPCなどある程度のスペックがあるPCが推奨されます。

PS4やPS5でゲーム配信をする

PCを使わない場合はPS4やPS5のシェア機能を使ってゲーム配信をすることができます。PCで配信する方法と違って下記のようなメリットがあります。

  • とにかく手軽で簡単
  • 追加で必要となる機器がない

PCと違ってとにかく簡単で、お金がかからないというのが特徴です。ただしゲームによっては配信ができない区域に設定されているシーンもあるため注意が必要です。

スマホ直接ゲーム配信をする

YouTube Liveではスマホで直接ゲーム配信をしている方はほぼいないといっても良いでしょう。スマホのみでゲーム配信ができるような配信サイトと比べてYouTubeは環境が整っていません。

iPhoneやandroidなどのスマホアプリのゲームを配信したい場合は、スマホの画面を取り込むことで配信することができます。

ゲームアプリもユーザー数はかなり多いので、集客するためのゲームチョイスとしてはありだと思います。

【YouTube Live ゲーム配信】スマホを使って生放送する方法を解説YouTubeではスマホの画面を配信することができます。このやり方でゲーム配信もできるので、iPhoneやAndroidのアプリを生放送で実況したい人のために解説します。...

YouTube Liveゲーム配信で必要なもの

PCを使ったゲーム配信に必要な機材は下記のとおりです。

  • PC
  • マイク
  • キャプチャーボード
  • 配信ソフト

これらの機材は値段もさまざまですが、なにも持っていない場合はある程度初期費用がかかることになります。

PCのスペックが一番重要

これらゲーム配信に必要な機材のなかで最も重要度が高いのがPCです。スペックが低ければ、低画質の配信しかできませんし、動きがカクカクしてしまったりと低品質な配信になってしまいます。

お金に余裕があれば15~20万円ぐらいで販売されているデスクトップパソコンがおすすめですが、正直配信するゲームによるのでとりあえずいま持っているPCでテスト配信してみましょう。

案外配信者もパソコンの知識がほとんどない人も多いので、苦手な人もなんとかなります。

配信ソフト

ゲーム配信には動画共有サイトへ配信するための配信ソフトが必要になります。

配信ソフトとは、パソコンに表示されている映像情報を取り込むソフトのこと。ゲーム配信の場合は必需品です。

無料と有料の配信ソフトがあり、ゲーム配信者によってどのソフトを使っているかは結構分かれていると思います。

代表的な配信ソフトは下記のとおり。

OBS Studioは完全無料でXSplitは実質有料となっています。初心者はとりあえずOBSからはじめてみるのがおすすめです。

YouTube Liveでの収益化について

YouTube Liveでも収益化は可能です。

YouTubeで収益を得るためには、YouTubeパートナープログラムに登録する必要があるのですが、これには下記のような最低条件を満たさなければいけません。

  1. すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
  2. YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  4. チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  5. リンクされている AdSense アカウントを持っている。

この条件があるので、多くの人たちがチャンネル登録者数1,000人を目指すわけですね。

正直、この0→1000までが一番難しいと思います。これを乗り越えてしまえば、配信も盛り上がって楽しいので続けていればどんどん増えていきます。

まとめ

本記事では、YouTube Liveでのゲーム配信のやり方と収益化について解説しました。

YouTubeといえば動画をイメージする方も多いと思いますが、ライブ配信も並行しておこなっている配信者もよく見かけます。

ライブ配信で視聴者とより近い距離でコミュニケーションをとることでチャンネルの活性化にもつながります。配信者側としては、動画とは違う楽しみ方もあるのでまだ経験したことがない方はぜひおすすめです。

まとめ

  • PCでの配信が中心
  • スマホのみでの配信は難しい
  • 収益化をするには一定の条件が必要
ABOUT ME
おにもつ
ゲーム実況歴10年。YouTubeの総再生回数は100万回ぐらい。ゲーム実況に関するコンテンツやおすすめのサービス・商品を紹介しています。
こちらの記事も読まれています!